シェア夫婦講座|平成30年度静岡県未来へのかけ橋応援事業 ミラ★パパ ーミライスタイル・パパー

Point!

家事も育児も、仕事のやりがいも共にする!夫婦のコミュニケーションを豊にし、妻も夫も納得するスタイルを家庭ごとに創り上げるための講座を県内3会場で開催!

静岡県内3会場で開催!

東部会場

2018年
妻のみ 9/26 ,
ご夫婦 10/6

10時~12時 / 三島市民生涯学習センター

西部会場

2018年
妻のみ 9/27 ,
ご夫婦 10/27

10時30分~12時30分 / ここ・い~ら

中部会場

2018年
妻のみ 10/5 ,
ご夫婦 10/20

9時30分~11時30分 / グランシップ静岡

Concept シェア夫婦講座とは?

さあ、育休復帰の準備を始めましょう!
夫婦で仕事と育児の両立を目指す、
シェア夫婦講座ってなに?

夫婦のコミュニケーションを豊にし、妻も夫も納得するスタイルを家庭ごとに創り上げるための講座です。

参加要件

1
講座は2回。
うち1回はご夫婦で参加必須です。
2
静岡県の調査事業に関わる講座です。
講座の事前事後のアンケートに必ずご協力ください。

応援される妻になる
コミュニケーション講座

「夫と話し合いたいがケンカになる」「ついイライラして上手くコミュニケーションが取れない」「話し合いのきっかけがつかめない」を解消し、夫に最大の理解者となってもらうための講座です。

Point!
  • シェア夫婦実現への課題認識
  • 夫婦コミュニケーション技術の習得

夫婦で創る
両立ライフプランニング講座

夫婦に合った家事育児の分担の形を話し合い、具体的な分担プランを夫婦で作成する講座です。

Point!
  • シェア夫婦のタイムマネジメント表の作成
  • シェア夫婦の家事分担表の作成

Point こんな方にオススメ!

仕事と育児の両立楽しむ
ためのポイント

大切なのは、一人ですべてを頑張ろうと思わずに、夫婦で支えあえる家庭を築き、夫婦ともに充実したキャリアを実現すること。

育児休業中ママが知っておきたい、
ママの現状とパパの想い

働くママたちは、とっても頑張ってる
図:夫の協力(内閣府より)

毎日家事育児に8時間弱。一日の1/3は、家族のための時間。
日本の働くママはとっても頑張っています。

夫の協力(内閣府より)
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/ottonokyouryoku.html

初めての両立生活を前に不安いっぱい
図:両立不安白書(スリール株式会社より)

慣れない育児に、仕事感覚を取り戻しながら生活パターンを確立するのは容易ではありません。復帰前に、みんな悩んでいます。

両立不安白書(スリール株式会社より)
http://ryoritsu-fuan.sourire-heart.com/

ママに楽をしてほしいと思っている
より男性の意識調査(リクナビ)より

家族はママの笑顔が大好きで大切です。パパもママに楽をしてほしいと思っているのです。

男性の意識調査(リクナビより)
https://next.rikunabi.com/tokushu/pr_article04/index.html

Message 参加者の声

両立夫婦の声!
私たちはこんな形で両立楽しんでいます。

Aさん夫婦

家族 5人(夫・妻・長女・次女・祖母)
働き方 夫 製造業関係会社勤務(フルタイム)
妻 IT関係会社勤務(フルタイム)
妻
子どもと遊ぶことが趣味。働くことも好きなので、長女が一年生に入学前に時短勤務からフルタイム勤務に戻しました。
子どもと過ごす時間を大切にするため、私の家事育児担当は、主に子どもに関することです。
私が出張等がある際は、主人にお迎えや夕食の準備をお願いすることも。スケジュールの共有や話し合いをしながら、両立をしています。
感謝と思いやりの気持ちを大切に、楽しい毎日を過ごしています。
夫
料理が好きなので、朝食とお弁当作りの担当は僕です。
下の子がこの夏3歳になりました。自分でやりたい!けれどうまくできないことが多く、まだまだ手がかかります。
朝の一番忙しい時間帯は、妻に子どもとしっかり向き合ってもらい、親も子どももイライラしない朝を過ごす努力をしています。

Bさん夫婦

家族 4人(夫、妻、長女、次女)
働き方 夫 経済団体勤務(フルタイム)
妻 IT関係会社勤務(フルタイム)
妻
夫婦ともフルタイムで、子どもは小学4年生と5歳の女の子です。
家事は夫が洗濯とごみ捨てと保育園の送り、私が料理とお迎え。それ以外は、出来る方が進んでやる形で、毎日夫婦で協力し合いながらやっています。
長女の育休復帰時から夫婦で家事育児の分担は話し合いながら、ちょっとづつ今の形が出来上がってきました。忙しいけれど、ストレスなく仕事や家庭に向き合うことができ、夫にはとても感謝しています。
夫
自分でもこんなに家事をやるようになるとは思っていませんでした。でも今は日常になっています。料理はあまり得意でないけど、そこは上手く役割分担できているかも。
今は長女の勉強を見ることに力を入れています。子どもとの時間は楽しいし、今しかないと思って向き合ってます。

Seminars 開催概要

東部会場

2018年
妻のみ 9/26 ,
ご夫婦 10/6
時間 いずれも10時~12時
会場 三島市民生涯学習センター
定員 20組
参加費 無料
アクセス 静岡県三島市大宮町1丁目8-38

西部会場

2018年
妻のみ 9/27 ,
ご夫婦 10/27
時間 いずれも10時30分~12時30分
会場 ここ・いーら
定員 30組
参加費 無料
アクセス 静岡県浜松市中区鍛冶町100-1
ザザシティ浜松中央館5階

中部会場

2018年
妻のみ 10/5 ,
ご夫婦 10/20
時間 いずれも9時30分~11時30分
会場 グランシップ静岡
定員 20組
参加費 無料
アクセス 静岡県静岡市駿河区東静岡2丁目3-1

受講申し込みはこちら↓